当サイトでは現在相互リンクをゆる〜く募集中です。リンクしてやってもいいぜ、というキトクな方はこちらへ



2006年06月29日

区切りなき再出発は必ず失敗する

ブラッターがアジアの4カ国が1次リーグで敗退したことに触れ、「これは1つの偶然だと思う。」といったそうですが、これは日本に向けられた発言であることは明らかです。

前にも書きましたが、FIFAとしてはカネヅルである日本がW杯に出られない、という悪夢は絶対に避けなければなりません。そのためにはアジア枠の縮小をするという、自分の首を絞めるようなことをするはずがありません。

アジアの戦いは今後日本にとって、厳しさを増すことは明らかです。U−19代表はオーストラリアや中国に敗れた、というニュースも入ってきました。しかし世界のサッカーに日本が影響力を持ち続ける限り、W杯出場は、少なくとも他のアジア諸国よりは容易である、ということです。

さてオシムさんで代表監督は決定、という感じになってきましたが、正直協会、広告代理店、スポンサーと、ずぶずぶの癒着状態になっている地獄の釜の中に、オシムを放り込んでもうまくいくはずはない、というのが私の考えです。

もしJリーグで見慣れた今までのオシムであれば、彼の哲学と相容れない現在の協会と早晩亀裂を招くことになるだろうし、オシムが指揮を続ける、というのであれば、それはもはや本当のオシムではない、偽者のオシムである、というこです。

2006年06月27日

川渕さんの考えは納得できない



プハァー!!



キリンビールの替わりに飲むタカラのカンチューハイはうめぇーなー(参照

イタリアのPKはねぇだろが、と思っているすみぞうです。なんかオーストラリアのFIFAにおける影響力のなさ、を感じました。審判の判定一つ一つに国力というものが浮かび上がってくるところが、面白くもあり、残酷なところでもあります。

さて川渕さんの話題ですが、「辞めるのは無責任」であるといってるそうです。

ここで辞めるのは無責任。代表の成績が悪ければ会長が辞めるという前例はつくりたくない」という川渕さんの言い分はまことに正当である、と思います。各セクションが十分な権限のもと、正常に機能していれば、の話ですが。

川渕さんが批判されるのは「独断」でジーコを選んだ、という一点にあります。本来なら「有識者会議」のような形で代表監督の選考を進めていく、そこで選出された監督候補に交渉することを了解し、交渉部隊に権限を与えることこそが川渕さんの仕事のほずです。

しかし川渕さんはまったくのトップダウンでジーコに代表監督の座を与えてしまった。トップの判断ミスでとんだ不良債権をつかまされたのなら、責任を負うのはトップ(川渕さん)であるのは当然のことです。(日本サッカーの大恩人であるジーコを不良債権ということは気が引けますが)

ここで会長を辞めることが悪い前例になることはありません。むしろ代表監督を選出する機関を作り上げることを放棄した川渕さんは、その怠慢さだけでもトップを退く十分な理由になる、と思います。









2006年06月26日

川渕のほうが一枚上手か・・・

帰国早々の「オシム、あっ、いっちゃた」発言で、すっかり川渕責任問題追求の勢いが削げてしまった今、盟友ジーコも負けていません。

ジーコ監督、独紙で発言「欧州のレベルに持っていくのは無理」 サンスポ

以前にも書きましたが、世界はジーコの言うことを100%信じるでしょう。そして日本人だけが辱められていくのです。本来なら、サッカー協会はジーコに反論する声明を出す必要があるはずなのに、同じく保身のことしか頭にない川渕さんをトップに頂くあそこが、行動を起こすはずがありません。

FIFAの会長も、「早期敗退は日本のサッカーにおいて後退を意味するだろう」なんて言ってます。FIFAとしては、ドイツ以降の大会でも莫大な放映権料が期待できる日本には、なんとしても”強豪”になってもらわなければなりません(笑)ブラッターさんも「ニッポンよ、サッカーの火を消してくれるなよ」と心配してくれてるのに、空気の読めない「裸の王様」は、ど素人に指揮を任し続けたのです。

さてオシムで決まるのか?阿部選手も今回の情報漏れ(猿芝居)に「監督はこういう形嫌がる」そうですが、川渕退陣と引き換えに代表監督就任する、と言ってくれないかなぁ(笑)

まぁこの人も、川渕さんに負けず、タヌキだからなぁ。オシムさんとしては、二年間指揮、その後日本人監督になるんじゃないか、と考えてるようで・・・

(参照)クロアチア・サッカーニュース


2006年06月24日

とりあえずはじめようかな?

川渕さんが帰国早々「オシムるよ」発言炸裂です。

別にオシムが悪いわけじゃない。(つうか4年後69歳だけど大丈夫か?)

私が言いたいのは、4年前「独断で」ジーコに決めたあなたが、どのツラ下げて、えらそうに時期監督について会見してんだよ、ということです。

これじゃなにも変わらないじゃないか!

オシムさんが悪い、というわけじゃない。(むしろ大賛成)

だだその前にすべきことがあるんじゃないか?ということです。

私は川渕さんを尊敬してます。ジーコも川渕さんも日本サッカーの恩人です。彼らがいなかったら、今日本で当たり前のように存在している「プロサッカー」などありないのですから。

ただもういいでしょう、川渕さん。あなたの盟友だったジーコを切っておいて、あなた一人何にしがみつこうとしているのですか?

現実の天皇は、ご発言一つ一つに細心の注意を払われてますが、サッカーの「天皇」は、言いたい放題です。

まぁいいや。何を言っても川渕さんには聞こえないでしょう。

さてこれから日本は夏、ビールのうまい季節になってきました。

とりあえず川渕退陣を目指し、おれ個人としては、



キリンの不買運動


をしずしずと進めていきたい、と思っております。





     .______
     |アサヒとは|
     | 無関係 |
     |_____|
  ∧_∧.  ‖
 (  ゚∀゚ ) ‖
 (    ____つ
 | | |
 (__)_)



(参照)FLORENT DABADIE BLOG 「日本サッカー協会、そろそろ民主主義にならないのかな?」

2006年06月23日

素晴らしい戦いだったと思う

ブラジル相手に2点差以上で勝たなければならない、というほぼ不可能といってよいミッションのなかで、日本代表は懸命に戦いました。特に前半の鬼気迫るプレッシングは、これぞ日本サッカーといってよい素晴らしいものでした。

結果的に1-4という完敗でしたが、点を取らなければ勝ち目がない日本にとって、この結果はしかたがない、と思います。

前半のあの攻守にわたる集散を90分間具現化できるチームなど、現在の世界の代表、クラブにはひとつもないといっていいと思います。


3点目のカウンターからのジウベルトのシュートなど、本来は日本代表がブラジルに対してするべきサッカーでした。

今後ジーコ、川渕両氏を始め、今大会の総括と称したコメントがメディアをただようことになると思いますが、現状の日本サッカーでは仕方のないことか、それとも保身の為のコメントなのかを、十分に検討する必要があると思っています。

ですがしかし、まずは選手、ならびにスタッフの皆さん、お疲れ様でした。

そして結局24 48時間以上余裕で寝てない俺、そしてあなた、お疲れ様でした。



※ヒデの涙をどう捉えるか、が日本サッカーのゆくえを決めそうだけど。
(もうちょっとヒデが器用なひとだったら、なんて不謹慎なことを考えてます)

2006年06月21日

いまごろ言ってもね・・・

初のダメ出し「柳沢は準備不足」  スポニチ


遅い!!

この4年間、スタメンの固定化と称して、新戦力の発掘を怠り、チームを緊張感のない「戦えない」集団にしておきながら、ヤナギ一人に責任を押し付ける気ですか。

前回の日韓大会のときに比べ、選手のシュート決定力が落ちたとは思いません。というより昔から日本人はシュートが下手だった。

ただトルシエの時は選手たちに緊張感があった。練習試合でも、ここで外せば次の試合で使って貰えないかもしれない、いや代表に残ることさえ出来ないかもしれない。

事実あのヒデでさえ、アンタッチャブルな存在ではなかった。(セリエAの優勝争いに参加するため、ヒデはコンフェデ決勝に出場しなかったが、次の試合トルシエは見せしめとしてヒデを使いませんでした。)

ダバディ氏のブログ

トルシエ監督と岡野前会長は「メディアとスポンサーをやや敵に回しても」日本代表の環境を優先しました。

とありますが、トルシエは選手をも敵に回すことで、チーム内を緊張感ある「戦える」集団に作り上げたのだと思ってます。

あっ、いっときますけど、私はトルシエ、嫌いです。正直あんなエキセントリックで官僚的なヤツ自分の上司だったら、と思うとね_(._.)_

ただ彼ほど選手に憎しみに似た闘争心を植えつけられる指導者を、ほかに知りません。

ジーコ監督と川淵会長が「メディアとスポンサー」に協力をする姿勢をこの4年間見せました。

協会(広告代理店)の言うことを聞かない、川渕さんに嫌われていたトルシエと違い、ジーコは(表面上)川渕にも取り巻きにも従順な姿勢を貫きました。

その結果のジーコによるメディアとスポンサー批判。

しかし、すべてが遅いのです。

(参考)FLORENT DABADIE BLOG


2006年06月20日

世界ではこう見られてます

「かわいそうなジーコ」 イタリア紙   共同通信

「中村(俊輔選手)以外は才能のないチームの監督に当たってしまった。しかも最後の希望は母国との対戦にかかっている」とし、「母国ではペレに一番近かった人間にとって、この運命はひどい」と指摘した。

まぁ、世界はこう見ちゃうんでしょうね。前から頭の片隅でチラッと思ってたんですが。

ジーコのこの4年間など彼らは知ったこっちゃありません。目の前の現実だけがすべてです。

つい最近サッカーシューズを履いたばかりの黄色いサルどもが、ジーコを悲しませたんでしょうよ!!


 ヽ('A`)ノ ニホンニハ シツボウ シタゼ!
  (  )
  ノω|


まだ大会終わっちゃいませんし、私も最後まで日本代表を信じて応援しますが、なんか大会終わったら、ジーコは悲劇のヒーローで日本だけ貶められたりして・・・・・いや、やめときます。

2006年06月19日

いままでといっしょ

ゴールの枠の中にボール蹴らなきゃ、

入りません



玉田もアレックスも自らゴールを決める、という責任を負うことを回避して、パスを選択した。(あれがパスではなくシュートだった、というのなら、もはやなにも言うことはありません。)

柳沢にいたっては、もう論外です。(年棒何千万も貰っているプロのするプレーじゃない)

確かにシュートの決定力のなさに関して、ジーコになんの責任もありません。日本の育成システムの問題なのかもしれません。民族性のせいにしたくはないんですけどね。それだったら、もうこれ以上向上しない、ということになってしまいますから。

ただ、ジーコのことで言えば、次の試合に、柳沢やアレックスが何事もなかったかのようにスタメンを張っているんだろうな、ということです。(いままでと散々見てきましたが)

大げさかもしれませんが、私の頭のなかには「モラルハザード」という言葉が浮かんでいます。

2006年06月17日

いまこそ 神は 降臨する

川淵会長、「日本にもカカがいたら」  ロイター



カカ 大人気



そんなことはどうでもよく、いよいよ明日であります。

私はいままで本当のジーコを知らなかったのだと信じたい。
いままでのジーコは仮の姿なのだと信じたい。

降臨した神?.jpg

神よ いまこそ我々の前にお出ましください


最後の審判.jpg

いや、あなたこそ、我々の前に出てください。



いまこそ 神は降臨するのだ。


ジーザス


いままでは単なる前フリに過ぎないのだ。
そうだ、4年間という長い時間を使った前段に過ぎないのだ。

いまこそ、日本中、いや世界中の迷える子羊たちは、神が起こす驚愕の奇跡を目の当たりにすることになる。

そうだ、必ず奇跡は起きる。

世界中を欺いたジーコ。
世界中をペテンにかけたジーコ。


迷える子羊たちは恐れ、崇め、彼の前にひざまずくのだ。

そして彼らはあらん限りの声を振り絞って、

彼をこう呼ぶだろう。







ジーザス・クライスト・トリックスター 

と(©筒井康隆)


(後記)できれば下のアドセンスでも奇跡を起こしてほしい。
    なぜ、サッカーの記事書いてるのに、出てくる広告が
    「乾燥肌」なのだ。
    俺はブラマヨか?いやあれはブツブツ肌か・・・
(もう無駄な努力はやめました)

2006年06月15日

釣られちゃいけない・・・

ジーコ指令!全員ミドル弾「カカになれ」  日刊スポーツ






おまえがヒディンクになれや!!










    \   ∩─ー、    ====
      \/ ● 、_ `ヽ   ======
      / \( ●  ● |つ
      |   X_入__ノ   ミ これは釣りクマ――
       、 (_/   ノ /⌒l
       /\___ノ゙_/  /  =====
       〈         __ノ  ====
       \ \_    \
        \___)     \   ======   (´⌒
           \   ___ \__  (´⌒;;(´⌒;;
             \___)___)(´;;⌒  (´⌒;; ズザザザ




大声で唄え君が代・・・スポーツの価値のために 西村幸祐のW透視図

このコラムを読んで思ったのは、先日の日本対オーストラリア戦の国歌斉唱のこと。

スタジアムの比率からいうと、圧倒的に日本サポーターが多かったと思うが、国歌斉唱のボリューム(声の大きさ)はオーストラリアの勝利だったように思います。

以前FIFAのお偉いさんがJリーグを視察した際に、「日本のサポーターは腹の底から声を出していない」とかなんとか言ってたように記憶してます。

レッズサポーターはともかく、確かにJリーグサポーターの声援は軽いイメージが以前からありました。女性サポーターの比率が高いというのも要因の一つなのかもしれませんが、民族性もあるのかなとも。

日本人は熱くなる人間を「青臭い」「人間が出来てない」と低く見る傾向が強く、それがバカになれるヤツを減らしてるのかもしれません。熱くなった自分に気付いて、つい周りを見ちゃったりとか。

でももしそうであるなら、損な性格だな。



×クロアチア (ウクライナ) 予想外でした。 

2006年06月13日

完敗 ただそれだけ

この4年間は一体なんだったんでしょうか?大会の初戦の入り方は相変わらずの生暖かいものでした。

小野の交代も何を意図していたのか、わかりません。素人の私がわからなくても構いません。しかしピッチ上の選手たちでジーコが何を考えてるのか理解している選手がはたしていたのか疑問です。

これでコンフェデの時みたいに、クロアチアに勝ってブラジルに惜敗して、いや〜惜しかった、よくやったよニッポン、ということになっちゃうんですかね(笑)

それなら全部負けたほうがいい。

独断でジーコを監督に決めた川渕さんの進退問題を含め、これからの日本サッカーの為にも、日本代表は


 
3戦全敗したほうがいい 



と考えてます。




2006年06月11日

ここまできたら 精神力です

坪井「緊急ミーティングも」守備陣は不安だらけ…  スポーツ報知

ボランチの中田英や福西がサイドへの守備に回ると危険地帯が生まれ、そこを狙われる修正点は改善されていない。




       ∧∧l||l  
       /⌒ヽ)  今野がいればなぁ・・・
     〜(___)   
    ''" ""''"" "''




ジーコの罠、オフサイドトラップ練習  日刊スポーツ





オッ、オフサイドトラップ?・・・









|:::::::::::::::::::::::::::::::
|" ̄ ゙゙̄`∩::::::::::::::::
|,ノ  ヽ, ヽ:::::::::::::::::::::::::
|●   ● i'゙ ゙゙゙̄`''、::::::::::::::::
| (_●_)  ミノ  ヽ ヾつ::::::::::どうしたの?ジーコさん・・・
| ヽノ  ノ●   ● i::::::::::
{ヽ,__   )´(_●_) `,ミ:::::::
| ヽ   /  ヽノ  ,ノ::::::




ジーコ監督のポリシーは「練習でやったことがないことは、試合ではやらない」。





  _ρ_
  / ⊥ \
  |____|
  ‖∧ ∧¶  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   ( ゚∀゚)/ < ウソだぴょ〜ん!!!
   /  /    \_____________
  〈  (
  ∫ヽ__)
    U U
  | ̄ ̄ ̄ ̄|
  \__人__/
  


ここまできたら
やるしかねぇよ!がんがれ、ジィーコ・ジャパン

2006年06月10日

グーグルさんの新機能

グーグル、W杯にちなんだ新機能〜「サッカー 日本」で試合予定を表示  INTERNET Watch

Googleで「サッカー 日本」や「日本 オーストラリア」と検索すると、検索結果画面の上部に、試合予定や得点などが表示される。日本以外の国の試合も検索できるほか、「サッカー」と入力して検索すると、直近の試合スケジュールを表示できる。

携帯でも同様のサービスを提供するということで、気にいった方はぜひどうぞ。


W杯サッカーで困惑する人たち  札幌テレビ

大手広告代理店の電通がFIFA=国際サッカー連盟から権利を取得しているため、個人視聴以外のパブリックビューイングには許諾料が必要になるのです。

蹴閑ガゼッタさんもチラッと書かれてますが、日本サッカー協会を本当によくしようと思ったら、まずは電通を切ることなんじゃないか、と本気で思います。

(参考)蹴閑ガゼッタ 2006年06月06日

2006年06月09日

ジーコ 「守」にもどる

不白流茶道開祖の開祖 川上不白が提起した「守・破・離」でいえば、今までのジーコジャパンは「破」や「離」ばかりだったと思います。

ジーコ監督、自由捨て約束事  スポーツ報知

いまジーコは「守」に立ち返ろうとしています。本来なら「守」から入り、今再び「守」に戻る時期なのでしょうが。ただ過程は違えどジーコも遅ればせながら、(成長のサイクル)の流れに乗ってきた、と考えたいです。

(参考) 『守』『破』『離』とは


北京五輪のOA枠存続決定  日刊スポーツ

川渕キャプテンがOA枠に反対を表明した、ということから日本は全員24歳以下になりそうです。


磐田山本監督電撃辞任、世界基準の志半ば  日刊スポーツ

山本ファン、ジュビロファンの皆さんには申し訳ないですが、山本さんのクライマックスは、トルシエのサブの時だったような気がします・・・・・

勿論”今まで”の指導者人生でのことであり(しかも私の独断でもあり)、すこし休息をとられてから、リベンジしてくれることを期待しています。

2006年06月02日

宮本をスケープゴートにしてはいけない

「話し合い」の成果と課題(宇都宮徹壱 )  スポーツナビ

「(今の代表は)ディフェンスに関しては、練習していませんでしたからね。ツネ(宮本)が中心になってやっているけど、基本的に選手の意見だけでやっているから。(中略)これでやられたら結局、ツネのせいになるじゃないですか。でもそれは……。練習してないですから、ホントに。選手同士の話し合いだけですからね」

これは日本代表を惜しくも逃したマリノスの松田直樹の発言です。宇都宮氏自ら文章のなかで、「落選組のやっかみ」ではない、本当に宮本のことを心配しての発言だ、と断っています。

ドイツ戦の1点目に対して、宮本に対するネガティブな発言を目にします。今後ますますこのたぐいの発言、報道が増えるのではないか、と心配しています。

勿論ジーコが悪いと言っているのではないです。ジーコにはジーコの考えがあるのでしょう。

私達は、ただ選手たちを応援するだけです。

(参考)勝谷誠彦の××な日々。
 

2006年06月01日

なぜ日本代表のユニホームは破れやすいのか?

きょうは、ライブドアやらはてなやらブログがダウンしてますけど、サイバーテロか(笑)

柳沢や駒野のユニホームが破れたのは、単にドイツ野郎の腕っぷしが強いだけでしょうか。正直ユニが崩壊する、というシーンを見たことがなかったのですが。

そうか、繊維の強度を減らす手抜き工事が行われたんだ。










あねはさん.jpg   おじまさん.jpg

わたしたちがヤリマシタ。


2006年05月31日

ヤロー・・・・・

    .______
     | ドイツは  |
     | 謝罪しろ |
     |_____|
  ∧_∧.  ‖
 (  ゚∀゚ ) ‖
 (    ____つ
 | | |
 (__)_)





    .______
     | カジに  |
     | 謝罪しろ |
     |_____|
  ∧_∧.  ‖
 (  ゚∀゚ ) ‖
 (    ____つ
 | | |
 (__)_)




シュバインシュタイガー 

シュバインシュタイガー







    \      お前        /
     \ いつかブッ○ロス!!!/
       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                   _ _     .'  , .. ∧_∧
          ∧  _ - ― = ̄  ̄`:, .∴ '     (    )
         , -'' ̄    __――=', ・,‘ r⌒>  _/ /
        /   -―  ̄ ̄   ̄"'" .   ’ | y'⌒  ⌒i
       /   ノ                 |  /  ノ |
      /  , イ )                 , ー'  /´ヾ_ノ
      /   _, \               / ,  ノ
      |  / \  `、            / / /
      j  /  ヽ  |           / / ,'
    / ノ   {  |          /  /|  |
   / /     | (_         !、_/ /   〉
  `、_〉      ー‐‐`            |_/




へたすりゃ、駒野も壊されてたよ・・・

2006年05月30日

ドイツに行かれる方はご注意!

サッカーW杯の現地観戦、はしかに注意  asahi.com

サッカーのワールドカップ(W杯)開催地ドイツの西部で、日本代表チームの合宿地ボンなどがあるノルトライン・ウェストファーレン州で、多数のはしか(麻疹)患者が発生し、外務省は渡航者に「予防接種をお勧めする」と注意を呼びかけている。

 同省の海外渡航情報によると、同州では17日までに1169人の患者が確認され、幼稚園や学校が閉鎖されるなどしている。同州にはドルトムント、ケルン、ゲルゼンキルヘンの3開催都市もある。在デュッセルドルフ日本総領事館によると29日現在、日本人の患者の報告はないという。

 はしかは、ウイルスが空気感染するため感染力が強く、10日ほどの潜伏期間を経て、38度前後の高熱や発疹、せきといった症状が出る。

 外務省海外安全相談センターは「母子手帳でワクチンの接種歴を確認し、未接種の人や、はしかにかかったことがない人は受けてから渡航してほしい」と言っている。予防接種の効果は、接種後1週間ほどで出るという。



日本でシコシコ仕事をしている私にはなんの関係もありませんが、ドイツに行かれる方は、はしかと、















ネオナチ  にはご注意ください。



   ∧_∧
  (  ・ω・)  サッ、アシタ ハヤイカラ ハヤク ネヨ・・・・・
  _| ⊃/(___
/ └-(____/

2006年05月29日

このサッカー環境に日本は追いつけるか?

学問・芸術・若者の街…サッカー日本・表が合宿のボン  YOMIURI ONLINE

『(中略)

◆練習場 

 ボン中央駅から北約2キロの「SFFボン競技場」。住宅地と緑に囲まれた静かな環境だ。陸上トラックも備えた総合運動競技場で、立ち見席を合わせ、収容人員は約1万人。日本・表のボン入りに先立ち、両ゴール前の芝を張り替えた。

 スタンドにオープンテラス付きのレストランがある。いつもは住民がビールを片手に競技や練習をのんびりながめる場所だが、キャンプ開始とともに一転、サポーターたちの歓声でにぎやかになった。』

日本でもドコにでもあるような競技場ですが、オープンテラスなんて夢にも思いません。

調べてみましたが、プロクラブのスタジアムというわけではないようです。

ボンには地元にBonner SCというクラブがあり、Sportpark Nord Stadionというスタジアムをホームにしているようですが、今回のスタジアムとは関係ないようです。

たぶんボン市内の”なんとか、という小さなクラブ”が本拠地にし、その練習や試合を見に、サポーターが集まるのでしょう。そしてそばには彼の子供や孫がいるかもしれません。父親や祖父を見て育った小さな彼もまた、サポーターとしてチームを愛するようになるかもしれません。

まぁ、はっきり言って私の妄想ですが(笑)。

日本でも、オープンテラスなんて当たり前、という環境になってくれればと思ってしまいます。

(参考) Bonner SC オフィシャルサイト

     Sportpark Nord Stadion 全景

     Bonner SCの試合内容 (筋肉日記2006臓ドイツ編
     

 
     

2006年05月24日

どこまでも正直なジーコ・・・・

なんでジーコはボロボロ情報を出しちゃうんでしょうか?(T_T)

オーストラリア戦は3バックで スポニチ

ジーコ監督は「何も問題がなければこのままいく」と、現時点で1次リーグ初戦のオーストラリア戦に3バックで臨む方針を示した。

こんなこといっちゃったらヒディンクの思うツボだと思うんすけど・・・

ちなみにヒディンクはこうなってます。

ヒディンク豪州変幻!早くもマジック全開  日刊スポーツ

午前1時間、午後1時間のフォーメーション練習で、次々とメンバーを入れ替えた。3バックから4バック、前線もFWビドゥカの1人にしたり、2人にしたり。ヒディンク指揮下で初選出のMFステリョフスキがレギュラー組のビブスを着たかと思えば、左サイドでプレーしていたトンプソンが右サイドに回る。

 戸惑ったのは日本の報道陣。「DFは3人? 4人?」「あれは誰?」というささやきが漏れる。「これだけ日本のテレビカメラに囲まれていれば、ヒディンクも本当のところは明かさないさ」と、地元の記者は話した。




3トップぶつけてくるよ



ジーコさん 日本代表はブラジル代表じゃないことを早く思い出してください。



もう遅いけど・・・

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。