当サイトでは現在相互リンクをゆる〜く募集中です。リンクしてやってもいいぜ、というキトクな方はこちらへ



2006年06月28日

スペインの優勝は今後もありえない

フランス・ジダンに葬り去れらたスペイン。
無敵艦隊をジダンで撃破 フランス8強! イザ!

先日行われた住民投票でカタルーニャ州の自治拡大が承認されたケースも含めて、今後スペインの内部分裂は勢いを増していくことでしょう。(あくまで自治拡大しましょうよ、というだけでスペイン政府は認めてませんが)

ご存知のように、スペイン代表はまさに”寄せ集め集団”でしかないのですが、自治州の発言力が増えるほど(つまり自治州の不満が増えるほど)、スペイン代表のW杯での好成績はありえない、と思ってます。

ただバスク代表やカタルーニャ代表を望む声は増す一方でしょうが、FIFAが許すはずもないという、悲しい現実もあるのです。



        /''⌒\
      ,,..' -‐==''"フ  /
       (n´・ω・)η ドウセ ヨセアツメ デスヨ・・・
       (   ノ   \
       (_)_)
     ~"''"""゛"゛""''・、
 "”゛""''""“”゛゛""''' "j'
 :::::ヘ :::::....ヽ :::;;;ノ  ::(
 ::  ゝ  :::::......ノ:;;..:::::::ヽ


(参照)
Ya Basta:カタルーニャ自治権/スロバキア総選挙
四匹目の子豚 スペイン、カタルーニャ地方の自治拡大を巡って住民投票

2006年06月08日

シセ やっちゃった!!

サッカー=フランス代表シセが骨折、W杯は絶望的  ロイター

中国代表のDFと接触、右足すねを骨折。

この人、楽しみにしてた選手の一人だったんですが。

中国人、空気読めなさすぎ。

さて日本代表ですが、俊輔や柳沢の体調に関するネガティブな報道が気になります。意図的な情報操作だったらいいんですが。


日本協会打診!ジーコ監督後任にジャケ氏  日刊スポーツ

オシムさんじゃないんですね?まぁ、どちらにしても豪華な話です。ひと昔前のサッカー協会では考えられない事です。





   ∧∧
   /⌒ヽ) ワシは年をとりすぎた・・・・・・
  i三 ∪
 ○三 |   
  (/~∪
  三三   
 三三
三三三 じっちゃんの後姿

 

2006年05月18日

フジでアーセナアルvsバルサを観た訳だが・・・・

レーマンの退場はしかたがないだろう、エトーの同点弾はオフサイドだろう、でももう一回対戦してもやっぱバルサが勝つだろう、などいろいろな想いはあるが、私の言いたいことは、ただひとつ。






しっかりせい!!人工衛星

2006年05月15日

デルピエロ、日本に来れば(笑)

デルピエロ、ユベントスがセリエB降格でも残留へ スポーツナビ 

いや、正直この記事のどこを読んでも、デルピエロがユベントスに残留するとは書いてないのですが(笑)

サッカーのFC岐阜、ホームで初勝利 中日新聞

元ガンバの小島宏美選手もがんばっています。

”メーンスタンドだけでなく、バックスタンドにも観客が入り、約2000人が訪れた会場。若者だけでなく、小さな子どもを連れた親子連れの姿が目立った。
(中略)
森山は「4点を奪ったことは大きい」と笑顔を見せたが、チームリーダーらしくあえて厳しく言った。「先制してから相手のペースに合わせてしまい、畳み掛けられなかった。まだまだ、満足していない」。目指すものは高く、険しい。”

ゴリ がんばれ!!

千葉・オシム監督、巻選出喜ぶ「頑張り報われた」 スポーツ報知 

”一方、代表から漏れた阿部については「わたしの方から言いたいことがある」と切り出した。巻を目当てに集まった大勢の報道陣に目をやり「阿部が外れたのは本当に残念。選ばれなかった選手のことも考えてほしい。本山や久保、大久保…。わたしも代表監督だったのでジーコが難しかったのは分かるが…」と複雑な表情だった。”

代表選出にサプライズは本当にありませんでしたね。久保の場合はジーコは選んでしまうんじゃないかと思ってました。

勿論久保をW杯で見たいのですが、2試合続けて出場できない状況ではしょうがないのかなと・・・・ 残念です。

松井、阿部、平山、今野、闘莉王・・・ 彼らは『規定どおり』選ばれませんでした。

まぁ今までの流れで判ってたことですが、ジーコに「次回の南アフリカ大会のために」という視点が決定的に欠けていることが無念でなりません。

W杯は、そして日本サッカーは今後も続いていきます。ジーコにほんの少しでも「連動性」という視点があれば、と考えています。

2006年05月12日

かあさん!ユーベが大変なことになってまつ!

協会に圧力、移籍裏工作も 名声地に落ちたユベントス  スポーツナビ
ユベントス、セリエBに陥落か?第二のマルセイユになるか?

たしかセリエBに落ちたことがないチームって、ユーベとインテルだけでしたよね? あのミランだって、低迷してた時期があったわけですから、これはすごいことなんですが。

ユベントスのオーナーで絶対的なカリスマだったジャンニ・アニエッリがなくなって2年が経ちます。彼の目の黒いうちだったら、この程度のことは表沙汰にならなかったんじゃないかなぁ、って思ったりします。


路上でのサッカー遊びに罰金50ポンド!――見当違いの取り締まりに抗議の声 ジャーニー - London,UK

ダンスフェスティバルで有名なブラックプールでの話です。たしかにボールに夢中になってる子供にとって車の存在は目に入りません。思えば私も子供のころ何度もひき殺されそうになりましたし、よく生きてるな、とも思いますが。

ただ誰に罰金を負わせるのか、という問題もありますが、そんなことより結局子供ってちょっと危険な感じのところでの遊びが大好きなんですよね。



2006年05月11日

また半島の人たちがヘンなこと言い始めました。

「2002W杯のトッティー退場はヒディンクの作戦」 中央日報

『チェ元コーチはまた「ヒディンク監督が洪明甫(ホン・ミョンボ)ら守備陣に『意図的に激しいファウルをしろ』と言いながら、トッティー対策を指示したようだ」と明らかにした。
(中略)
特に、ヒディンク監督はトッティーとビエリを集中分析し、洪明甫に「トッティーは気性が激しいので、彼がファウルをすれば主審に走って行って抗議しろ」と注文したと、クッキーニュースは伝えた。
(中略)
さらにヒディンク監督はサッカー協会側に「レッドデビルズ応援団がイタリア代表チームをひどく揶揄するよう頼んでほしい」と要請したと、チェ元コーチは語った。』

早くも予選リーグ敗退の予防線でも張ってるんでしょうか?

韓国のW杯4強には世界でもいまだにかなりの拒否反応があるし(日本のマスゴミは相変らず半島系は触らぬ神にタタリなしですが)、ヒディンクを生け贄にして、散々な成績で敗退したとしても何とかして自尊心を保とうとする、いつもの手ですね。

2006年05月05日

イングランド代表監督にミドルズブラのマクラーレンが

ポルトガル代表監督のスコラリが就任か、と噂されたイングランド代表監督にミドルズブラのマクラーレンが決定した、とのことです。

若手実力派に白羽の矢 イングランド代表監督  スポーツナビ

『就任発表の席で、誇らしげに言った。「母国を指揮できるのは最高の栄誉。(下部の)オックスフォードで指導者として第一歩を踏み出し、頂点まで上り詰めた。イングランドでキャリアを積む若いコーチの目標になれると思う」』

スコラリの場合は自宅の周りを記者が何十人も取り囲んでいたために、恐れをなして辞退したそうですが。まぁ、そうだろうなぁ・・・

イングランド代表監督なんて、イングランド人でしかもドMじゃなきゃ、こなせない職業ですもんね。


「福岡五輪」サッカーは新潟  新潟日報

離れすぎのような気が・・・・・

2006年04月27日

イングランド代表監督の貧乏くじをフェリペが引いた!

サッカー代表新監督にスコラリ氏と、イングランド CNN Japan
よくもフェリペはあんな心労の多い仕事を引き受けたな、というのが第一印象です。(まだ正式に決まったわけじゃないけど)

勿論ブラジル代表監督もめちゃくちゃ大変なのはわかりますが、イングランドの場合は大変の質が違いますからね。

いわばダイアナさんを葬り去ったタブロイドを相手にするわけですから。スコラリはブラジルに戻るものと思っていたので、意外でした。それこそセレソンを率いるのかな、と。

CBF(ブラジル・サッカー連合)の会長さんの話では現状ではW杯後の監督交代は未定とのこと。ルッシェンブルゴに交代するという噂に対し、「そうした噂は奇怪」と否定。まぁこの時期ならしかたないでしょうね。フェリペの名前も挙がってません。(サンパウロ新聞

そのセレソンの将来の代表監督候補であるアウトゥオリ監督(鹿島)。その記事からは、非常に緻密で状況に応じた戦術をトライしている様子が伝わってきます。
言葉に潜むアウトゥオリ・サッカーのセオリー asahi.com

私の頭の中では、ブラジル人というのは選手としてはスゴイが、監督になるとたいした手腕を発揮できないという固定観念があったのですが、アウトゥオリのような新世代の才能が生まれ始めてきてるんだな、と感じました。

ますますブラジル代表は無敵になっていくんでしょうか?




2006年04月24日

ボカブランド」で世界狙う アルゼンチンサッカーチーム

フジサンケイ ビジネスアイ
『 ■250社とライセンス契約

 ゆりかごから墓場まで。アルゼンチンの首都、ブエノスアイレスを拠点とする人気サッカーチーム、ボカ・ジュニアーズは、赤ちゃんのおしゃぶりから棺おけに至るさまざまな製品に、チームのブランド使用を許諾するビジネスを展開している。ピッチの中だけでなく、ビジネス分野でも世界制覇を狙う構えだ。(滝川麻衣子)

 ≪目標は1000万ドル≫

 ブエノスアイレスの街を、ボカのチームカラーである青と金色のロゴを付けたタクシーが走る。

 AP通信などによると、こうしたブランド提供で、クラブとしてライセンス契約を結んでいるのは、大手クレジットカード会社、スポーツ用品メーカー、タイヤメーカーなど二百五十社。ワイン、携帯電話、シャツ、アクセサリーなど実に五百アイテムに上る。

 過去十年間、ボカブランド確立に奔走してきた成果だ。

 一世紀前の一九〇五年に発足した老舗チーム、ボカは九八年以降、アルゼンチンで五度優勝し、国際大会でも八つのタイトルをとっている。

 ピッチでの好成績をビジネスにつなげ、レアルマドリードやマンチェスターユナイテッドに象徴されるビジネスとサッカーの両分野での「世界的勝ち組」を目指している。

 最終“ゴール”は、年間売り上げ一千万ドル(十一億七千万円相当)のグローバル企業。これには、スタープレーヤーの移籍などに伴う収入は含まれていない。

 マルリシオ・マクリ代表はホームページで「われわれはビジネスとして、アルゼンチンサッカーでは前例のない世界展開を狙っている」と宣言する。

 ≪ファンが強い味方≫

 とはいえ、ブランドを提供した製品をファンが買ってくれなければ、契約企業も減ってしまう。この点、ボカのブランドビジネスの地盤は盤石だ。ボカのホームページによると、アルゼンチンの男性の41%、女性の39%が「ボカファン」。

 AP通信によると、友人の新郎新婦にボカのマークを並べて喜ばせようと、ボカ・タクシーを十五台も呼んだ熱烈なファンもいる。

 「ボカを世界ブランドにする」という方針のもと、ボカはアジアをはじめ海外遠征も積極的にこなす。

 今ではニューヨークのナイキストアにもボカブランドのシャツが並び、アルゼンチンのスタジアムには年間百万人の旅行者が足を運ぶようになった。

 レアルマドリードやマンチェスターユナイテッドと肩を並べる日も遠くないかもしれない。 』



随分以前「サッカー批評」でボカの特集をしていたことがありました。役員はすべてボランティアであり、無報酬で働いている、とのことでした。

そのためどうしても経営が素人考えになってしまい、甘え、妥協がはびこる原因になってしまう、といったことが書かれていました。

ただ今回の記事を見ると、まさにプロの仕事という感じがしますし、どこかで方向転換をしたのかもしれません。

日本はプロリーグの歴史は浅いが、運営はプロフェッショナルだとよく言われますが、チームによってその温度差がかなりあると感じています。

勿論すべてのチームがボカになれ、レッズになれ、ということはできないですが、どのチームとは言いませんが、なにも考えてない首脳陣を据えたまま低迷を続けているチームがこの国には多すぎるような気がします。

2006年04月22日

ユベントス、ユニフォームから伝統的な縦じま無くなる?(イタリア)

スポニチ ワールドサッカープラス
『ユベントスは来シーズンからユニフォームのデザインを大きく変え、伝統的な白と黒の縦じまが無くなる可能性が浮上してきた。

 新しいデザインはアメリカの大手スポーツメーカーNIKEが手掛けているもので、シャツの半分が黒、もう半分が白になる。NIKEはユベントスのほかにもバルセロナとアトレチコ・マドリード(ともにスペイン)にもこのデザインを提案している。しかしユベントスは、古くからチームを応援している伝統的なファンの気持ちを損ねたくないとしている。』

この記事にも載ってますが、アトレチコも伝統の赤白の縦じまがツートンになるとちょっと前、話題になってました。

正直私はガセだと思ってたけど、ホントなんですね(泣)

アトレチコはまんまフェイエノールトだし、ユベントスなんか間抜けな喪服ですよ。

ナイキもなに考えてんでしょうか。彼らだって、ヤンキースのピンストライプを横じまにしようとはしないだろうし、まさかアメリカじゃないからなにやってもいいや、って思ってたりして。

2006年04月14日

これぞサッカー天国? ドイツ10部リーグ

asahi.com
『地元の小さなクラブでも、試合前はロッカールームが準備される。そこで着替えるユニフォームにスポンサーが入っているし、ピッチに向かえば、地元企業の看板が目に入る。試合後には、自前のクラブハウスで地ビールを酌み交わし、ああだこうだ話しながら、日曜日の午後を過ごしていく――。世界一恵まれた環境と言っていいだろう。』

ホントに素晴らしい環境だ思います。日本じゃ4部にあたる地域リーグで早くもロッカールームが消えることは当たり前の状況ですからね。

2006年04月09日

カーン 落選原因は愛人?

(スポニチ)
先のイタリア戦で大量失点のレーマンでしたので、これでドイツ代表の正GKはカーンで決まりだと思ってましたが、思わぬ大どんでん返し。

カーンの愛人が原因かどうかわかりませんが、大量失点の原因は若いディフェンスラインにも大きな原因であることは、首脳陣もわかっているでしょうし、あとはやっぱ、カーンの性格でしょうかね。

クリンスマンにしろビアホフにしろ、カーンとそんなに年齢が変わるわけではなく、監督・コーチ経験も浅い。上手くいっているときはいいが、ちょっと躓くと、あのカーンの性格ですから、ストレートな物言いになってしまうことは十分想像できます。

前回のフェラーの時だって、こういう話はありましたから。

これでカーンは代表引退、W杯明けにはJリーグ移籍ですか(笑) Jリーグはともかく、このような形で代表を引退するとしたらちょっと寂しいですね。

カーーンらしいとも言えるけど・・・


2006年04月08日

俊輔スペイン移籍か、2冠置き土産?

日刊スポーツ

まずはセルティック優勝おめでとうございます。

セルティックにモダンサッカーをもたらしたことは確かですが、それよりも私がうれしいのが、俊輔の「チームのために」という意識の変革です。

自らのミスでボールを失った時、マリノスやイタリアにいた頃はそのまま足を止めてしまうことが多かったような印象がありました。

しかしスコットランドに移ってから、鬼気迫るほどに逃したボールに喰らい付く姿を何度も見せてくれるようになりました。

この姿を来年も、と思ったのですが、スペイン移籍希望ですか。

勿論中村選手の夢であり、本人がしたいようにすればいいし、別にラーションのようになってくれと言うつもりもないんですが、でもやっぱりスコットランドでもう一年どうですか?(笑)

2006年04月05日

サッカーW杯、ドイツV予想は5% ドイツ誌世論調査

asahi.com
フランスW杯の時はフランス代表監督のエメ・ジャケがさんざんバッシングを受けながら、見事優勝。

バッシングの急先鋒だったレキップ紙に復讐を果たしたわけですが、さて今度はどうなりますか?

『クリンスマン監督については、60.8%が支持すると回答した』そうですので、ファンの支持はありそうですが、ちょくちょく自宅のあるアメリカに帰っちゃうことを非難されたりと、なんとなくジーコさんとカブって見えるおは私だけではないはずです。

2006年03月26日

クロアチア世論を二分する若き両雄

スポーツナビ
『こうしてみると、クロアチアの指揮官の眼力と度胸の良さには、敵ながら感服せずにはいられない。年齢や国際経験に関係なく、国内で結果を出している選手を積極的に登用する姿勢というものは、残念ながら今の日本代表には望むべくもないだろう。』

私がジーコジャパンに思い入れが持てない理由の一つが、競争原理の希薄さなんだなぁ、と改めて考えさせられるレポートでした。

まぁ、今更いっても無理ですが・・・

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。