当サイトでは現在相互リンクをゆる〜く募集中です。リンクしてやってもいいぜ、というキトクな方はこちらへ



2006年06月27日

川渕さんの考えは納得できない



プハァー!!



キリンビールの替わりに飲むタカラのカンチューハイはうめぇーなー(参照

イタリアのPKはねぇだろが、と思っているすみぞうです。なんかオーストラリアのFIFAにおける影響力のなさ、を感じました。審判の判定一つ一つに国力というものが浮かび上がってくるところが、面白くもあり、残酷なところでもあります。

さて川渕さんの話題ですが、「辞めるのは無責任」であるといってるそうです。

ここで辞めるのは無責任。代表の成績が悪ければ会長が辞めるという前例はつくりたくない」という川渕さんの言い分はまことに正当である、と思います。各セクションが十分な権限のもと、正常に機能していれば、の話ですが。

川渕さんが批判されるのは「独断」でジーコを選んだ、という一点にあります。本来なら「有識者会議」のような形で代表監督の選考を進めていく、そこで選出された監督候補に交渉することを了解し、交渉部隊に権限を与えることこそが川渕さんの仕事のほずです。

しかし川渕さんはまったくのトップダウンでジーコに代表監督の座を与えてしまった。トップの判断ミスでとんだ不良債権をつかまされたのなら、責任を負うのはトップ(川渕さん)であるのは当然のことです。(日本サッカーの大恩人であるジーコを不良債権ということは気が引けますが)

ここで会長を辞めることが悪い前例になることはありません。むしろ代表監督を選出する機関を作り上げることを放棄した川渕さんは、その怠慢さだけでもトップを退く十分な理由になる、と思います。









この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。