当サイトでは現在相互リンクをゆる〜く募集中です。リンクしてやってもいいぜ、というキトクな方はこちらへ



2006年06月26日

川渕のほうが一枚上手か・・・

帰国早々の「オシム、あっ、いっちゃた」発言で、すっかり川渕責任問題追求の勢いが削げてしまった今、盟友ジーコも負けていません。

ジーコ監督、独紙で発言「欧州のレベルに持っていくのは無理」 サンスポ

以前にも書きましたが、世界はジーコの言うことを100%信じるでしょう。そして日本人だけが辱められていくのです。本来なら、サッカー協会はジーコに反論する声明を出す必要があるはずなのに、同じく保身のことしか頭にない川渕さんをトップに頂くあそこが、行動を起こすはずがありません。

FIFAの会長も、「早期敗退は日本のサッカーにおいて後退を意味するだろう」なんて言ってます。FIFAとしては、ドイツ以降の大会でも莫大な放映権料が期待できる日本には、なんとしても”強豪”になってもらわなければなりません(笑)ブラッターさんも「ニッポンよ、サッカーの火を消してくれるなよ」と心配してくれてるのに、空気の読めない「裸の王様」は、ど素人に指揮を任し続けたのです。

さてオシムで決まるのか?阿部選手も今回の情報漏れ(猿芝居)に「監督はこういう形嫌がる」そうですが、川渕退陣と引き換えに代表監督就任する、と言ってくれないかなぁ(笑)

まぁこの人も、川渕さんに負けず、タヌキだからなぁ。オシムさんとしては、二年間指揮、その後日本人監督になるんじゃないか、と考えてるようで・・・

(参照)クロアチア・サッカーニュース


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。