当サイトでは現在相互リンクをゆる〜く募集中です。リンクしてやってもいいぜ、というキトクな方はこちらへ



2006年06月23日

素晴らしい戦いだったと思う

ブラジル相手に2点差以上で勝たなければならない、というほぼ不可能といってよいミッションのなかで、日本代表は懸命に戦いました。特に前半の鬼気迫るプレッシングは、これぞ日本サッカーといってよい素晴らしいものでした。

結果的に1-4という完敗でしたが、点を取らなければ勝ち目がない日本にとって、この結果はしかたがない、と思います。

前半のあの攻守にわたる集散を90分間具現化できるチームなど、現在の世界の代表、クラブにはひとつもないといっていいと思います。


3点目のカウンターからのジウベルトのシュートなど、本来は日本代表がブラジルに対してするべきサッカーでした。

今後ジーコ、川渕両氏を始め、今大会の総括と称したコメントがメディアをただようことになると思いますが、現状の日本サッカーでは仕方のないことか、それとも保身の為のコメントなのかを、十分に検討する必要があると思っています。

ですがしかし、まずは選手、ならびにスタッフの皆さん、お疲れ様でした。

そして結局24 48時間以上余裕で寝てない俺、そしてあなた、お疲れ様でした。



※ヒデの涙をどう捉えるか、が日本サッカーのゆくえを決めそうだけど。
(もうちょっとヒデが器用なひとだったら、なんて不謹慎なことを考えてます)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/19736818
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。