当サイトでは現在相互リンクをゆる〜く募集中です。リンクしてやってもいいぜ、というキトクな方はこちらへ



2006年06月21日

いまごろ言ってもね・・・

初のダメ出し「柳沢は準備不足」  スポニチ


遅い!!

この4年間、スタメンの固定化と称して、新戦力の発掘を怠り、チームを緊張感のない「戦えない」集団にしておきながら、ヤナギ一人に責任を押し付ける気ですか。

前回の日韓大会のときに比べ、選手のシュート決定力が落ちたとは思いません。というより昔から日本人はシュートが下手だった。

ただトルシエの時は選手たちに緊張感があった。練習試合でも、ここで外せば次の試合で使って貰えないかもしれない、いや代表に残ることさえ出来ないかもしれない。

事実あのヒデでさえ、アンタッチャブルな存在ではなかった。(セリエAの優勝争いに参加するため、ヒデはコンフェデ決勝に出場しなかったが、次の試合トルシエは見せしめとしてヒデを使いませんでした。)

ダバディ氏のブログ

トルシエ監督と岡野前会長は「メディアとスポンサーをやや敵に回しても」日本代表の環境を優先しました。

とありますが、トルシエは選手をも敵に回すことで、チーム内を緊張感ある「戦える」集団に作り上げたのだと思ってます。

あっ、いっときますけど、私はトルシエ、嫌いです。正直あんなエキセントリックで官僚的なヤツ自分の上司だったら、と思うとね_(._.)_

ただ彼ほど選手に憎しみに似た闘争心を植えつけられる指導者を、ほかに知りません。

ジーコ監督と川淵会長が「メディアとスポンサー」に協力をする姿勢をこの4年間見せました。

協会(広告代理店)の言うことを聞かない、川渕さんに嫌われていたトルシエと違い、ジーコは(表面上)川渕にも取り巻きにも従順な姿勢を貫きました。

その結果のジーコによるメディアとスポンサー批判。

しかし、すべてが遅いのです。

(参考)FLORENT DABADIE BLOG


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

ジーコ監督の思い出まとめ
Excerpt: 明日のブラジル戦を最後に、ジーコ監督を見るのは最後になろうとしています。 自分としてはジーコ監督の就任直後、いや正確には就任前からジーコ監督が日本代表監督になることは反対だったのですが、解任されるこ..
Weblog: [Z]ZAPAブロ〜グ2.0
Tracked: 2006-06-22 11:55
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。