当サイトでは現在相互リンクをゆる〜く募集中です。リンクしてやってもいいぜ、というキトクな方はこちらへ



2006年06月05日

国立競技場の名が消える・・・

マルタ戦はあんなもんでしょう。そもそもカウンター狙いの3−5−2で格下相手ですから。マルタの監督も「日本戦は恐怖を感じていた」と語ったように、玉田のゴール以後ドンビキになってましたし、あんだけパスミスすればね。

小笠原もそうだけど、心配なのは小野伸二です。彼のところにボールが来ると、とたんに壊れたオルゴールのようにテンポがずれてしまう。理由が単に実戦から遠ざかっていただけ、というならいいのですが、このままではジーコも本番で使いづらいのではないか、と思いました。

さて以前からいろいろ言われてましたが、こういう形で来ましたか。

国立競技場など命名権売却検討  日刊スポーツ

以前ここでtotoの惨状とその尻拭いを役人どもが画策していることを書きましたが、こう来たか?

前も書きましたが、とっととtotoやめちまえ。そして民間にまかせろ。命名権行使するんだったら、責任者の首を斬ってから、言って来い。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。