当サイトでは現在相互リンクをゆる〜く募集中です。リンクしてやってもいいぜ、というキトクな方はこちらへ



2006年03月31日

「貢献度」がすべてでいいのか?

スポーツナビ
『思えばジーコは常々「私には、3バックも4バックも特に違いはないと思っている」と語っていたが、今さらながらにその真意が理解できたように思う。要するに、この人は本当に「人ありき」なのだ。その時々におけるメンバーの中から、自身の中での「貢献度」による序列に基づいた上位11人を選んで、ピッチに送り出す。その結果としての、3−5−2や4−4−2や3−6−1なのである。』

そういうことなんですね。確かにシステムに縛られた采配ほど脆いものはないということなんだけど、行列の後ろに並んだ人にチャンスがないとわかっていて、並び続ける忍耐だけを要求される選手たちがほんとに不憫に思えてきます。

2006年03月30日

3バックにしたのは、遠藤が外れたため

スポーツナビ
エクアドル戦前日 ジーコ監督会見(1/1)
「KIRIN WORLD CHALLENGE キリンチャレンジカップ 2006」

――坪井が入って3バックになるようだが、最初から考えていたことなのか、それとも遠藤がけがでリタイアしたからなのか という記者の問いに

『彼が入ったら4−4−2になることを考えていたが、今回は外れてしまったので坪井を入れての3バックにした。ただし選手たちに動揺はないと思う。突然の変更だったが、いくつかあるバリエーションの中から(3バックを)チョイスしたと考えてほしい。』

とにかくジーコの頭の中では、3バック<4バックなのは昔から判ってたことですし、世界サッカーの流れとしても、ジーコの考えがおかしいというつもりはありません。

でもサッカーは団体競技であり、まず選手ありきだと思います。明らかに前目の選手であるサントスをサイドバックで使い続けるジーコの頑固さはもはや犯罪ではないでしょうか(笑)

4バックを試したいのなら、それ相応の能力を持った選手を探し出さなければならないはずだし、いないのなら潔く諦めてほしいと心の底から思います。

2006年03月29日

豪紙 警戒すべき選手に小野の名前

スポニチ
『また同紙の東京特派員が警戒すべき選手を指摘。「ジーコ監督の成功のカギを握り、オーストラリアを妨げるのは日本へ戻った小野だ」と伝えた』

まぁ、向こうの記者もオランダでヒディンクと縁があるということを頭に入れて、記事を書いたんでしょうが、ホントに彼らの予想が的中してくれることを期待しています。

シンジの場合は、とにかくW杯とかオリンピックになると、不思議とケガや病気になってしまう悪運が巡ってくる感じです。今年こそ断ち切ってほしいもんです。

2006年03月28日

川淵キャプテン「単独開催と優勝を」…2050年ポール除幕式

SANSPO.COM
2050年ですか。順調にいってあと44年後。私は生きてるかどうか分りませんが・・・

だけど実はアジアで実質W杯が開催させる力がある国はかぎられてるので、もっと早くできるんじゃないかなぁ・・・

今度は韓国との共催ということはないですよ。日韓W杯をFIFAに忘れることの出来ないトラウマを与えましたから。

2006年03月27日

柳沢やっぱり骨折、緊急手術で全治2カ月

日刊スポーツ
これでFW争いが激化する、ということはまったくなくて、たとえW杯ギリギリで柳沢が復帰しても、すんなり23人枠に復帰してしまうんだろうなぁ、と思ってます。

2006年03月26日

クロアチア世論を二分する若き両雄

スポーツナビ
『こうしてみると、クロアチアの指揮官の眼力と度胸の良さには、敵ながら感服せずにはいられない。年齢や国際経験に関係なく、国内で結果を出している選手を積極的に登用する姿勢というものは、残念ながら今の日本代表には望むべくもないだろう。』

私がジーコジャパンに思い入れが持てない理由の一つが、競争原理の希薄さなんだなぁ、と改めて考えさせられるレポートでした。

まぁ、今更いっても無理ですが・・・

トラックバックに関して

どうも このよれよれブログにお越しいただきまして、ありがとうございます。

早速ですが、生意気なお願いをひとつ。

私の考えではトラックバックとは、先方のブログとの共通点や共感する部分に対し、するものであり、最低限記事中に、相手のタイトル、URLを記載するのは当然のことである、と考えています。

トラックバックに関しては承認制となっており、トラックバックして頂いたサイト様で、当サイトに関する記載のない場合は容赦なく削除しますので、ドゾヨロシク。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。